本当に風が冷たくなってきた東京からこんばんは!Cellulam Japan、「メル知恵(メルぢえ)」担当のMonacoです!皆さま、いかがお過ごしでしょうか^^? 

 さて、夏の間は大丈夫だったのに、この頃かかかとの乾燥が気になるという方は多いのではないでしょうか?今日は、かかとのトラブルについて、皆様と情報をシェアしたいと思います^^!

 足の裏の皮膚は、そもそも角質の厚さが他の部分の皮膚とは構造が違い、平均1.5mmほど分厚くなっています。さらに体重を支える場所でもあるので、肥大化して角質が硬くなりやすいのです。毛穴や皮脂腺はないのですが、汗腺が多く、汗をかきやすい事もあり、汗は水分の蒸発を促すので、ガサガサになるのは仕方のない事(T_T) そして、実は、かかとはエイジングが顕著に表れるパーツでもあります!加齢により、ターンオーバーが低下し、コラーゲンも不足する事から、足の脂肪が失われて弾力がなくなっていく事も、乾燥につながっているのです。

 やはり重要なのは、定期的に行うケア!角質が溜まる前に、2週間に1度くらいのペースで分厚くなった角質を取り除きましょう。それによって、保湿剤も浸透しやすくなります。そして、保湿は毎日が基本!足のスネのケアの流れで、かかとまで行っていただくので大丈夫!角質化が進んでいる場合は、代謝を促す尿素配合のクリームを使うのも良いようです!

 夏に比べ、かかとを出す機会は減りますが、女性の場合、ブーツを脱いだ後、ストッキングからも見える部分ですので、ツルツルでいたいですね^^!!

 ではでは、また(^o^)/