全国的に晴れる予報の今年のGW‼️ Cellulam Japan、「メル知恵(メルぢえ)」担当のMonacoです!皆さまは、お出かけの真っ最中でしょうか😊❓

 さて、お日様が当たると暑いくらいの時も出てきましたが、そろそろシミの事も心配になってくる頃ですね😊 そこで今日は、皆様と「シミ」についての情報をシェアしたいと思います❗️

 ご存知の方も多いかと思いますが、「シミ」にはたくさんの種類があります。最近多いのは、マスクとの擦れから起こる「炎症後色素沈着」かと思います。これは、年齢に関係なく現れるのですが、ニキビや虫刺されなどの炎症後、ピーリング、傷や火傷などからも、このシミにつながります。境界線がはっきりしたシミになるのが特徴で、数ヶ月で消えていく事がほとんどですが、刺激を受け続けるとシミが残ってしまうので要注意!原因となる刺激を早く取り除く事で良くなっていきます😊

 紫外線を多く浴び続けることによって起こる光老化が原因となるのが「老人性色素斑」です。このシミの特徴は、境目が比較的はっきりしていて、色も均一で濃いことが多いです。これには、紫外線を防ぐために、こまめに日焼け止めを塗る事が一番です😊

 「そばかす」は、3歳ごろから日光があたるところを中心に出てくる事が多く、細かい円形の薄茶色のシミが多発することが特徴です。思春期に一番シミは濃くなりますが、その後、徐々に薄くなっていきます。遺伝傾向が強い事も特徴です😊

 最後は「肝斑」です。男性に出ることはほとんどなく、30〜50代の女性に多いシミです。輪郭がはっきりせず、主に、目の下、頬骨の上や眉の上に、左右対称に現れるのが特徴です。原因は、更年期、妊娠、ストレスによるホルモンバランスの乱れとされていますので、閉経後に薄くなる事も多く、紫外線が強い夏になるとシミが濃くなり、冬になると少し良くなる傾向があります。シミを消すレーザー治療がありますが、顔に様々な種類のシミが混在している場合、「肝斑」に関しては、逆にシミが増えてしまうため禁忌と言われているので、トラネキサム酸やビタミンCをはじめとした内服薬・ハイドロキノンなどの塗り薬を用いたりすることが一般的です😊

 セルラムは、様々なシミを一気に安全にケアしていく事が可能です‼️ セルラムの施術によって、痛みも一切なく、沈着した色素を代謝する力を細胞が持つ為、肝斑を含むさまざまな原因の色素沈着、シミが改善されます。健全になったメラノサイト細胞とともに、紫外線からお肌をしっかり守ってまいりましょう

 ではでは、また(^o^)/