東京は、夏っぽい気候が続いています😊✨セルラムの「メル知恵(メルぢえ)」担当Monacoです!皆さま、お元気でお過ごしでしょうか?

 本当に早いもので、もう7月も中旬です!夏休みに海水浴に行く計画を立てていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?今回は、その「海」について、皆さまと情報をシェアしたいと思います😊!

 子供の頃は、日焼けなど気にせずビーチを走り回ったりしていた人も、大人になると、「暑すぎる…」「ベタベタする…」「疲れちゃう…」と言って、海水浴自体に行かないとか、ビーチにいるだけで海に入らない人もいるようですね💦 でも、それはもったいないかもしれません!

 世界で一番古い海水浴場は、18世紀のイギリスで生まれました。医師のリチャード・ラッセルが、ドーバー海峡に面するブライトンに海水療法療養所を開いたのが最初です。日本でも医師の松本良順が、海水浴場発祥の地のひとつとされる大磯に海水浴場を開きました。当時は、海水浴をすれば健康の増進や回復に繋がるという事で広まりましたが、近年、海水浴には健康や美容に多くのメリットがあることが分かってきました。

 まずは免疫力が上がるという事です!暑い夏に冷たい海水で泳ぐことは、適度なストレスとなって体の免疫システムを刺激することが言われています。更に、男性の場合は男性ホルモンのテストステロンが、女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増えることがわかっています。

 次に、肌やアレルギーに対する良い反応があるという事です!マグネシウムが豊富な海に浸かることで肌のハリがよくなったり、海水中の塩化カリウムなどの成分が肌を保護し、乾癬などの皮膚病の回復を早めることもわかりました。子どものアレルギー性の湿疹も改善するという報告もあります!さらに、体全体の血行が良くなる事で、花粉症による鼻水やむずむずを和らげたりする事もわかりました!海の近くに住んでおられて、頻繁に海水で泳ぐ人は、呼吸器系のトラブルが少ないという結果も出ています!

 目の粘膜は、紫外線や潮風での刺激に弱いので、そこは気をつけながら、この夏は、こんなにメリットがある海水浴に、是非行ってみませんか😊?

 ではでは、また(^o^)/